こんにちは、フケ太郎です。

今回はフケに困る多くの方が間違っている髪の洗い方について解説していきます。

まずフケの原因の一つに間違った髪の洗い方があります。

フケを無くそうと髪を洗いすぎたり、逆に雑過ぎて洗えてなかったり…

間違った洗い方をしているといつまでたってもフケは止まりません!

 

逆に言えば適切なシャンプーと洗い方を意識すればあっという間に改善するともいえます。

それではフケを無くす髪の洗い方を解説していきます。

フケを治す髪の洗い方

さて、大げさにフケを治す!と言っていますが簡単です。

髪の毛や頭皮にダメージを出来るだけ与えないような洗い方でいいんです。

①37度から38度の温度でしっかりと湯洗いする!

37度から38度くらいの温度で3分ほどの時間をかけ指の腹で頭をもみほぐすように頭皮までしっかりと洗う。

熱すぎる温度だと髪や頭皮にダメージを与え、皮脂を落とし過ぎフケの原因になります

世の中にはシャンプーを信じていないこれだけで済ませてしまう「湯シャン派」の方々も居ます。湯シャンついてはまた今度…

 

②シャンプーを泡立てて使う!

湯洗いが終わったら、ここでシャンプーの出番です。

界面活性剤を使っていない適切なシャンプーを使います

使う量は500円玉くらいです、出し過ぎても意味がありません。

そしてここからがポイント!

 

そのまま使うのではなくまず手の中で泡立てます!

泡が汚れを落としてくれますからここが大事です!

 

そしてある程度泡立てたら頭全体に馴染ませていきます。

髪の毛の流れに沿って、上から下に指のお腹でカサカサカサカサ!と小刻みに洗っていきます

 

③シャンプーを残さず洗い流す!

次はシャンプーを洗い流します。

ここもとっても大事!フケ症の方によっては洗い流しが足りていない場合も多いです!

 

シャンプーの時より念入りにしっかりと残さず洗い流す!

頭のてっぺん、頭頂部は洗い忘れが多いので意識して洗いましょう。

頭皮のマッサージにもなりますからめんどくさがらず丁寧に!

 

④しっかりと髪を乾かす!でもやりすぎに注意!

最後の仕上げ、髪を乾かします。

男性なんかだとタオルでバサバサっと拭いてそのままベッドインな方も居ますが(私がそうでした)アレ、最悪です。

 

頭がジメジメのまま時間が経つとカビ菌が繁殖したりします。

 

そこでしっかりと乾かすのに使うのはドライヤー、これでおっけー

しかしここで大事なポイント!

熱風で乾かすな!

 

これがとっても大事、早く乾かしたいからと頭皮に近い位置で熱風を浴びせる方が居ますがあれやっちゃうと頭皮は乾燥するわ髪は熱で細くなるわ…

 

とにかく髪には優しく!

熱風を使うにしても髪からちょっと離して使いましょう。

 

しっかりと乾かして終わりです!。

 

人によってはここから保湿の為にトニックやら蒸しタオルを巻くやらしますがちゃんとしたシャンプーを使えば必要ありません。

 

それでは適切なシャンプーについて解説していきます

どんなシャンプーを使えばいいのか?

さて最初の方から言っている適切なシャンプーですが市販のシャンプーではありません。

フケに悩んでる人なら「どれを使おう…」とだれでも悩んだはずです。

シャンプーを選ぶポイントは

  • アミノ酸:低刺激で保湿性
  • ミコナゾール硝酸塩:フケの原因菌でもあるマラセチア菌を抑える成分
  • オクトピロックス:頭皮のにおいを防ぐ、抗酸化・抗菌成分

この三つの成分が配合されたシャンプーを選ぶことです。

 

選び方がわかんねえ!!!

 

そう思っている方も多いと思うので、僕が強くおすすめするシャンプーについて、分かりやすく比較しました!

フケ対策シャンプー比較ランキング!全部自分で試してみた結果!

 

最後に。

もう一度言います、フケは治ります!

 

しかし治ったからと言ってまた雑な洗い方をしたり刺激の強いシャンプーを使ったりすると再発する可能性があります。

 

今回解説した洗い方を習慣付けるのをオススメいたします。

 

アナタのフケが治ることを祈っています

最後まで読んでいただきありがとうございました。