こんにちは、フケ太郎です。

日焼けした後にフケがよく出ることはありませんか?実はそれ、紫外線によるものなんです!

今回は日焼けとフケの関係、紫外線の対策などを書いていきます!

解説はどうでもいいから治し方を教えてくれ!

そんな方は目次のまとめからご覧ください

日焼けをするとフケが出る理由!

頭皮も髪があるので目立ちませんが他の皮膚と同様に日焼けします

さて、ではなぜ日焼けするとフケが出るのか?

それは頭皮は一番直射日光を受ける場所、頭皮の水分が失われ、乾性フケを引き起こしたり…

逆に汗っかきの人は大量の汗をかき、頭皮の皮脂が溜まりやすくなり脂性フケの原因になったりしているのです!

 

もちろんこれだけではなく、紫外線による頭皮へのダメージも原因の一つです!

頭皮が日焼けなどで正常な新陳代謝‐ターンオーバーを行えず大量に表皮が剥がれ落ち、フケになっているのです!

それに紫外線が頭皮に与える影響はフケだけではありません!

 

紫外線は殺菌作用や体内にビタミンDを作り出すいい効果もありますが、たんぱく変性の作用があります!そして髪の毛はたんぱく質で出来ている…もう分かりますね?

 

たんぱく変性を起こした髪は硬くなりごわごわしたり、切れ毛が多くなったりします!

洗浄力の強い市販のシャンプーを使っていた方の弱っていた髪にトドメを刺すようなものです

特に日焼けしやすい海水浴なんかは海水で髪の脂が落とされたところに日光がダイレクトに当たり…もう大変髪に悪い!

 

もちろん夏だけでなく、どんな季節でも長時間外に出ると紫外線の影響は出ます!

 

紫外線を浴びるとどうなるの?

ここまで来て紫外線の危険性は分かったと思いますが「そもそも紫外線って?」という方もいらっしゃると思うので簡単に説明します。

紫外線は目に見えない電磁波です、そして同じ紫外線の中にも波長の異なるA、B、Cの三種類があります。

A紫外線の解説

波長が最も長いA紫外線、これは毒性は低いものの肌の奥まで入り込んでしまう恐ろしい紫外線です。

毛根にまで作用して、毛根の周りの皮膚組織も蝕みます。

 

また、A紫外線を長年、慢性的に浴び続けると組織のたんぱく変性が起こり、シミや深いシワの原因にもなるのです!

 

特に!首の後ろから肩にかけては目に見えないのでケアされず放っておかれることが多く、この辺りは血管も少なくバリアとなる皮脂も余りでないので、栄養が行き届かないうえ、角質層も弱い。

 

そうなると新陳代謝が正常に行われず、老化しやすいということです!

こういう部位に紫外線を浴びると皮膚を守ろうと体はメラニンを集めます、こうなって皮膚が黒ずむわけです。

 

顔はメイクで隠せても首の後ろとなると…

目立つし恐ろしい! 長々書きましたが

A紫外線はメラニンの発生の原因になる!と覚えてください!

B紫外線の解説

A紫外線の次に波長の長いB紫外線。

これは火ぶくれを起こし皮膚を痛めるもの。

一番分かりやすい日焼けの原因です!

C紫外線の解説

最後は波長が短いC紫外線、これは放射能に近いスーパー化学光線とか言われていますが、オゾン層を作るのに費やされていて地球には届きません。

 

むしろこれがガンガン降ってくると生物は生きていけないでしょう、しかし、近年オゾン層の破壊などが進み日差しが強い一部の地域では皮膚がんの患者が増えているとか…

 

この地球はどうなってしまうのか!

そんな話は置いておいて対策の話に移ります

肌だけじゃない!頭皮の紫外線対策!

さてそれで紫外線を簡単に説明しましたが要はAとBの対策をすればいいわけです。

しかし直接的に対処できるのはB紫外線しかありません!

ではどうすればB紫外線対策できるのか?

 

対策の一つが植物性の油脂です。そうサンオイルにも使われているものです。

植物性の油脂を厚く塗れば塗るほどB紫外線による炎症を起こさずきれいに日焼けできます。

じゃあ本題の頭皮と髪を守るには?これも植物性の油脂が効きます。

サンオイルを塗るわけでなく、ひまし油が主原料のポマードや椿油などが効果的です。

でも髪に油を塗りたくない! そう思っている方も居るはずです

 

そんな方には帽子をかぶるか、日傘が有効です!

油ではB紫外線しか防げませんが物理的に守る帽子や日傘ならA紫外線も防ぐことが出来ます!

夏に帽子をかぶるとムレてハゲやすくなる…といった心配をしている人もたまにいますがご安心ください、風通しのいい素材できつくないサイズの帽子なら何の問題もありません!

 

ちなみに日焼け止めクリーム、これは肌には有効ですが、髪にはNGです!

日焼け止めクリームの主剤となるUVカット成分に、発がん性のあるフェノール系の化学物質が使われていることが多く。

また、クリーム状にするために洗浄力の強いシャンプーにも使われている合成界面活性剤が使われていることが多いのです!

 

一回二回だと大丈夫でしょうが、髪のキューティクルは溶けて頭皮の角質層は弱くなり、結果的にバリア機能が失われることとなります。

 

長々と書きましたが、頭皮の紫外線対策は

  • 植物脂
  • 帽子
  • 日傘

をオススメします!

 

まとめ

以上が紫外線による頭皮への影響の解説でした。

上では原因や対策を述べましたが、もうフケが出てしまった!そんな方も居るはずです。

 

一度フケが出始めると何らかの対策をしないとなかなか治りません!

私は色々とフケの治療を試してきましたが、一番は薬用シャンプーによる治療でした!

 

ちょっと高そうなイメージがあると思いますが全然そんなことはありません!

美容院でヘッドスパを受けたり、病院で診断してもらうなどの方法もありますが、そのどれより安く、そしてお手軽に治せました!

気になる方はこちらのページで詳しく解説しているのでご覧ください!

フケ歴16年から見抜いた最強のフケ対策

 

いかがでしたか?日光が肌に悪いと分かっていてもみんな肌ばかり気にして頭皮への対策は怠っています。

今回の記事で少しでも頭皮に気を使っていただけるようになればうれしく思います。

それでは最後まで見ていただき、ありがとうございました!