フケとは人の頭皮に発生する白く剥がれた老廃物であり、頭皮に生じた垢の事です。

人は日々新陳代謝(ターンオーバー)によって新しい細胞が古い細胞と入れ替わり、フケは頭皮の古くなった角質細胞が剥がれたものがそう呼ばれています。

 

普通の生きた人間であれば少しのフケが発生することはおかしいことではなく、むしろ正常と言えます。

 

しかしそのフケが異常に出る場合は頭皮に何らかの異変が起こっているのです。

人口の3~5%、特に中高年の男性がフケで悩んでいる

普通は思春期以降に発症し、中高年層男性に比較的多く、人口の3~5%にみられます。日常生活上大きな不便はめったにありませんが、フケが衣服に付くと不潔な印象を周囲に与えるなど、負の印象につながりかねません。放置すると炎症で毛根がダメージを受け、毛が抜けることもあります。

本文引用ヨミドクター

こちらのサイトで説明されているようにフケに関しては男性、特に中高年の方に多いと言われています。

 

何故男性に多いかというと女性に比べて男性の方がフケの原因になりやすい行為をしがちだから。

 

ほんの些細なことでフケは発生してしまいます。

 

フケは大きく分けると2つのタイプがある

フケが発生する原因は様々で、人によって同じようなフケでも原因が違ったりします。

そしてフケには大きく分けて2種類あり、パラパラした雪のような乾性フケとベタベタの大きな脂性フケです。

1.乾性フケ

乾性フケは頭を掻くと降ってくる雪のようなフケで、主な原因は頭皮の乾燥によるダメージの場合が多いです。

多くの方がこのフケに当てはまり、乾燥肌やアトピーの人に多くみられるフケです。

 

2.脂性フケ

脂性フケはベタベタで髪の毛に絡まり乾性フケより大きいのが特徴。

乾性フケと反対でなんらかの理由で頭皮の脂が多すぎマラセチア菌と呼ばれる真菌が異常発生し炎症が起こった事が原因であることが多いです。

 

乾性フケよりもタチが悪く、脂漏性皮膚炎などの病気に繋がることが多いです。

 

まとめ

  • フケは男性に多く、誰でもなる可能性がある
  • フケには2種類ありそれぞれ原因や対策が違う
  • フケは放置すると抜け毛の原因にもなる
  • 脂性フケは真菌が犯人

フケについてまとめるとこのようになります。

見ていただくと分かると思いますが誰でもフケが出てくる可能性があり、放置すると抜け毛や病気の原因にもなります。

かなり長くなるので別のページにまとめてあります、参考にして下さい。

参考記事フケの原因と対策

フケとは別?脂漏性皮膚炎について解説

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は(脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼ばれる)頭や顔などにフケのようなものが出来る炎症です。

ただのフケではなくサイズが大きくカサブタのようで、無理に剥がすと血が出る場合もあります。

今回はこの脂漏性皮膚炎について解説します。

脂漏性皮膚炎は菌の異常繁殖

たいていの場合、脂性フケが悪化した際に起こる症状で、その正体はマラセチア菌という皮膚の常在菌が豊富な皮脂をエサに異常繁殖しマラセチア菌が出す遊離脂肪酸という成分によって頭皮の炎症が起こっている状態です

 

頭皮の皮脂によって繁殖するので、男性ホルモンの影響で皮脂が分泌しやすい男性ほど多いと言われています。

しかし頭皮が乾燥している方でもなる場合もあるので、油断は禁物です。

脂漏性皮膚炎とフケの違い

脂漏性皮膚炎とフケの違いはフケの大きさ。

脂性フケでも大きなフケが出ますが脂漏性皮膚炎はフケというよりカサブタのようなゴツくてデカいのが頭皮にできます。

 

髪をブラッシングしたくらいでは取れず、激しいかゆみも伴うので爪で取ってしまいがちです。

すると皮膚や髪の毛と一緒にゴッソリと取れ、頭皮にとってとてもダメージになり薄毛の原因となります

 

脂漏性皮膚炎を治すのには根気がいる

一度脂漏性皮膚炎は一度かかるとなかなか治らず、治った!と思って油断していると再発することが良くあります。

余りにしつこいので病院に行く方も多いです

 

しかし大事なのは脂漏性皮膚炎は個人で治すことが出来るということ

ほったらかしても自然に治ることはほとんどありません、ですが正しい対処を行い、根気よく治療を続けることで本来の頭皮を取り戻すことは可能です!

重要なのはほったらかしにせず行動し対処することが治療の一歩なのです

 

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎はマラセチア菌の異常繁殖
  • 男性がかかりやすい
  • 無理に剥がすと薄毛の元
  • ほったらかしても治らない
  • しかし、自分の力で治すことが出来る

以上が脂漏性皮膚炎についてのまとめです。

もう一度言いますが脂漏性皮膚炎は自分で治すことが出来ます、諦めずしっかりと対策を行いましょう。

 

脂漏性皮膚炎の原因と対策

ここでは脂漏性皮膚炎の原因と対策について解説していきます。

なかなか治らない脂漏性皮膚炎の方は必見です。

 

ちなみにフケ脂漏性皮膚炎は似ているようで違うので間違えないように

 

脂漏性皮膚炎の原因について

脂漏性皮膚炎の原因については以上の3つが大きな要因です。

1.皮脂の異常分泌

なんらかの理由で頭皮の皮脂が異常に分泌され、マラセチア菌の繁殖を招いた場合があります。

なんらかの理由とは

  • 遺伝的要因
  • 内分泌異常
  • ビタミン代謝異常
  • ストレスによる異常

などがあります。

2.生活習慣の乱れ

生活習慣とは肥満による内分泌異常で皮脂が多く出てしまったり、偏食でビタミン代謝に異常をきたしたりというものです。ビタミンBが豊富な野菜を食べることをオススメします

特に大切なのは睡眠で、不規則な睡眠や睡眠不足は体にとって最悪です。

 

3.洗髪のやり方

洗髪のやり方とは、単純に髪を全く洗えておらず頭皮に皮脂が溜まり過ぎて炎症を起こしたり、お風呂から出た後髪を乾かさずそのままにしたり、体に合わない粗悪なシャンプーで頭皮にダメージを与えたりといった事です。

 

皮脂を落とせるからと強力な洗浄力の体に合わないシャンプーを使い続けると逆に脂が足りなくなった頭皮が過剰に脂を出すという事も起こります。

 

脂漏性皮膚炎への対処は

そして、脂漏性皮膚炎の対処については以下の4つが挙げられます。

 

1.生活習慣の見直し

生活習慣を見直すだけで脂漏性皮膚炎には効果的です。

バランスの良い食事や規則正しい生活、飲酒もほどほどがいいでしょう。

 

2.ストレスケア

ストレスが人間の体に及ぼす害はとても多く、頭皮はそれが分かりやすいです。

これは個人的ですが一番オススメなのは筋トレです

筋トレは始めるまでがめんどくさいですが、最初は無理のない軽い運動で大丈夫です。

筋トレの効果はストレス発散運動不足の解消血行が良くなり頭皮にも良いし終わった際に達成感を感じます、脳内物質が出てるんです、マッチョがみんな明るいのはそういう事です(笑)

 

しかし無理にキツイのを最初から行うと続かないので、ほんとに軽いのから始めてください。

 

3.正しい洗髪

正しい洗髪といっても頭皮をマッサージするように指のお腹で洗い残しが無いようにしっかりと洗い、最後まで洗い流し、お風呂上りにちゃんと乾かす。

これを心がければかなり変わってきます。

男性は女性ほど髪を洗う事を大事にしてないので雑な人が多いんです。

 

4.フケ対策シャンプーを使う

フケ対策シャンプーとはフケに効果があるシャンプーの事を私がそう呼んでいるものです。

 

フケ対策シャンプーにはマラセチア菌を殺菌する成分が入った薬用シャンプーや頭皮に優しく保湿や頭皮を保護してくれるアミノ酸系シャンプーなどがあります。

 

上記の対策と組み合わせると非常に効果的です。

▼ちなみにオススメのシャンプーはこちらのページをご覧ください▼

【2018】フケ対策シャンプーおすすめランキング

 

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の異常分泌、生活習慣の乱れ、間違った洗髪
  • 脂漏性皮膚炎の対策は生活習慣の見直し、ストレスケア、正しい洗髪、フケ対策シャンプーの使用
  • どれか一つではなく組み合わせて行う事が大切

脂漏性皮膚炎の原因と対策のまとめは以上です。

大切なのは自分と向き合い、原因を特定し対策すること。

まずは簡単な生活習慣を見直してみて、それからフケ対策シャンプーを選んでみましょう

 

フケ対策シャンプーについての解説

 

フケ対策シャンプーとは、フケの治療・予防の効果があるシャンプーを私がそう呼んでいるものです。

 

フケ対策シャンプーにはフケの治療や予防だけでなく、抜け毛対策や育毛、髪質の改善、頭の臭い防止など様々な効果が期待できるものが多いです。

そしてフケ対策シャンプーは二種類存在します。

  • 薬用シャンプー
  • アミノ酸シャンプー
この2種類になります。

シャンプーには石鹸シャンプーなどの種類もありますが、特に効果のあるこの二種類を解説するので割愛します。

 

1.薬用シャンプー

薬用シャンプーはフケを治療や頭皮の状態を正常に戻す事を目的として作られています。

薬用シャンプーとは通常のシャンプーと違い「医薬部外品」の認定を受けたもののことをいいます。

分かりやすく説明すると、化粧品と医薬品の中間であるという事で、ちゃんと法律で定められたものです。

成分が強い薬用シャンプーはフケの原因菌に直接働きかけたりするものもあり、大変強力ですが中には副作用が出るものもあります。

 

2.アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは頭皮環境を高めるタイプのシャンプーです。

たんぱく質の原材料でもあるアミノ酸は低刺激で乾燥肌やアトピーの方にも安心して使う事が出来、フケの原因でもある乾燥を防ぐ効果があります。

低刺激で体に優しいアミノ酸シャンプーは頭皮環境を高め、あらゆる頭皮のトラブルを未然に防ぐポテンシャルを持ち、副作用がないのも魅力です。

薬用シャンプーと違い、香り泡立ちなどシャンプーとしての使い勝手が良いのも特徴です

 

まとめ

  • フケ対策シャンプーはフケの治療・予防の効果がある物
  • フケ対策シャンプーには薬用とアミノ酸系の二種類ある
  • 薬用シャンプーはフケの原因に働きかけるタイプ
  • アミノ酸シャンプーは頭皮の環境を改善するタイプ

フケ対策シャンプーについてまとめる以上になります。

 

ちなみに当サイトでオススメのフケ対策シャンプーについては以下のページをご覧ください。参考になりますよ

 

フケ対策シャンプーの効果と選び方

フケに効くシャンプーの選び方と期待できる効果とはどのようなものか?

 

それについてはここで解説していきたいと思います。

 

まず私がオススメしているフケに効くシャンプーは薬用シャンプーとアミノ酸シャンプーの二種類がありますので、こちらについて説明していきます。

 

1.薬用シャンプーに期待できる効果

 

薬用シャンプーはフケの原因菌に働きかける目的で作られているので、フケを治療や頭皮の状態を正常に戻す効果を得ることが出来ます

 

具体的に使用すると以下のような効果を得ることが出来ます。

  • フケの改善・防止
  • 頭皮の臭いの改善
  • 炎症・かゆみを抑える
  • マラセチアなど常在菌を殺菌

 

フケの原因の一つにマラセチア菌などの真菌が繁殖したことによる炎症などがあります。

 

薬用シャンプーの成分、特にケトコナゾールミコナゾールなどの抗菌成分が入った物がオススメで、これは、お医者様で様々な菌に対する治療に使われるほどで、フケの原因にピンポイントに対策することが出来ます

 

2.アミノ酸シャンプーに期待できる効果

 

アミノ酸シャンプーは頭皮自体の機能を整えてフケの予防ができるタイプのシャンプーなので、総合的な頭皮トラブル改善が見込めます

 

具体的に使用すると以下のような効果を得ることが出来ます。

  • 低刺激なので皮膚や髪へのダメージが少ない
  • 保湿する力があるので頭皮の乾燥を防げる
  • 弱酸性なので髪の毛がパサつかない

 

アミノ酸シャンプーはフケ以外にも抜け毛の改善や頭皮の臭い改善など様々な効果が期待できます。

 

長い期間、なかなかフケが治らない。という方に一番向いています。

 

フケには効果はあるのですが、ピンポイントな対策ではないため、継続することでその効果を実感できるようになります。

天然由来なので、副作用がないのも魅力です。

 

 

まとめ

  • 薬用シャンプーはフケに対してピンポイントに治療する効果
  • アミノ酸シャンプーは頭皮の機能を高める効果

 

効果を簡単にまとめるとこのようになります。

効果としては薬用シャンプー>アミノ酸シャンプーの順で強くなります。

 

どちらも一長一短で、どちらが優れているかはハッキリと決められません。

一番大切なことは、自分のフケのタイプに合ったものを選ぶこと。

しかし当サイトではアミノ酸シャンプーをオススメしています。

その理由については該当記事をご覧ください

フケ対策シャンプーの副作用について

フケ対策シャンプーには副作用が存在するタイプがあります。こちらについては具体的な副作用とそのリスクについて解説していきたいと思います。

 

またこちらではフケ対策シャンプーを薬用シャンプーとアミノ酸シャンプーの二種類に分類して解説していきます。

 

 

1.薬用シャンプーの副作用

薬用シャンプーは医薬部外品に認定されているものが多く、以下のような副作用が出る場合もあります。

  • 発赤、刺激感
  • かゆみ、湿疹
などの副作用があります。最初の副作用は医薬部外品なのでしょうがないとして問題は後者の副作用です。

 

基本的に薬用シャンプーは成分が強いので、人によってはかゆみや湿疹が伴うリスクがあるのです。

 

その為、対処療法的にフケを治療するのには向いていますが、長期の使用は推奨できません。

 

また大半が医薬部外品の使用には正しい知識をもって使用しないと効果を得られずむしろ悪化する場合もあります。

 

2.アミノ酸シャンプーの副作用

アミノ酸シャンプーは基本的に副作用は存在しません。

 

ただし世の中にはアミノ酸アレルギーの方もいらっしゃいますし、洗浄力が弱いためしっかりと洗わないと汚れが残り、かゆみを感じる場合もあります。

 

ですがこれは通常のシャンプーでもありえる範囲なので、アレルギーでない方は国産のアミノ酸シャンプーなら安心です。

 

まとめ

  • 大半の薬用シャンプーは医薬部外品で副作用がある
  • 薬用シャンプーの長期使用は推奨しない
  • アミノ酸シャンプーはアレルギーにだけ気を付けていればいい

まとめると以上になります。薬用シャンプーは強力であるため、副作用が存在します。

 

その為、長期的な使用は避けた方がいいです

 

一方、目立った副作用がないのがアミノ酸シャンプーです。フケ対策にも使えますし、長期的な使用で頭皮環境の改善も見込め、リターンで見れば一番です。

 

ちなみに当サイトで一番推奨しているのはアミノ酸シャンプーです。詳細は該当記事をご覧ください

 

以上でフケの基礎知識についての解説を終わります。参考になったのなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。