こちらではフケ対策シャンプーの中で特にオススメの物を紹介します。

 

本当に効果の高いフケ対策シャンプーを選ぶ時に必要となる知識なので、しっかりと把握しましょう。

 

ともかく選ぶ際に参考にしていただけたら幸いです。

 

オススメのフケ対策シャンプーの成分について

おすすめの成分は5種類あります。それはケトコナゾールミコナゾールサリチル酸オクトピロックスアミノ酸です

 

それらについて解説していきます

 

1.ケトコナゾール

ケトコナゾールとはニゾラールとも言われる真菌症の治療に使用される抗真菌薬の一つです。

 

フケの原因菌でもあるマラセチア菌に直接働きかける効果があります。

 

しかしケトコナゾールが配合されたシャンプーは日本での製造が許可されておらず、インターネットなどで輸入する必要があります。

 

2.ミコナゾール

ミコナゾールはケトコナゾールと同じような抗真菌薬の一種です。

 

ミコナゾールはケトコナゾールよりも殺菌力が弱く、真菌の成長を抑え、対策する効果があります。

 

こちらの成分は刺激が弱い分国内のシャンプーでも配合されており、副作用も少ないものが多いです。

 

3.サリチル酸

サリチル酸は医薬品としても使用される合成有機化合物の1つです。

 

高い殺菌、抗炎症作用がありますが、反面刺激が強いので人によっては合わない場合があります。

 

脂性フケの方にはオススメできる成分ですが、乾性の方にはむしろ悪化してしまう場合もあるので、使うには知識が必要です。

 

4.オクトピロックス

オクトピロックスはピロクトンオラミンという成分の商品名です。市販のフケシャンプーのオクトなどが有名ですね。

 

期待できる効果は抗菌やかゆみの抑制ですが、効果自体はそこまで強くありません。

 

しかし成分としては優しい部類なので、人を選ばず使う事が出来ます。

 

5.アミノ酸

アミノ酸は今注目の成分であり、たんぱく質を構成する成分で、人間の体の2割はアミノ酸と言われています。

 

アミノ酸は頭皮に優しく保湿し保護する効果があります。

 

そして最大の特徴は頭皮の環境を整えるという事。

 

長期の使用により様々なヘアトラブルに有効な効果が実感できます。

 

当サイトでも一番のオススメです。

 

その他の成分について

今回は特にオススメできる成分であるケトコナゾールミコナゾールサリチル酸オクトピロックスアミノ酸について解説しました。

 

しかし成分はこれだけではありません、その他のフケ対策シャンプーの成分については随時更新していきます。

 

この記事のまとめ

  • シャンプーを選ぶには成分を把握しよう
  • オススメはケトコナゾール、ミコナゾール、サリチル酸、オクトピロックス、アミノ酸
  • 一番のオススメ成分はアミノ酸

まとめると以上になります。

 

フケ対策シャンプーを選ぶには成分はとても重要です。しっかりと調べて、納得のいくシャンプーを探しましょう。