フケが止まらなくて死にたい…その気持ち良く分かります

 

私も学生時代、制服の方についたフケでよく馬鹿にされ、あの時の恥ずかしさと悔しさは忘れられません。

 

ですが死ぬ必要はありません。フケが出ないようにするのは可能です

 

正しい対策をすれば改善することは可能です、今回は今すぐにフケを治したい!という方向けに語っていきます。

 

最後までお付き合いください、後悔はさせません。

 

フケは不潔なイメージがあるので対策必須

まず最初にお伝えしたいのは、フケはとても目立ちます。

 

フケが出ても特に害はないし髪をワシャワシャしなければ目立たない…と思っている方も居るかもしれませんが、実際にフケはとても目立ち、なおかつ薄毛や抜け毛の原因にもなります。

 

ですから何かしらの対策はした方がいいです。

 

基本的にはフケは病気ではなく、早期に対処すれば改善することが可能なんです。

 

ではまずフケの原因から説明します。

 

フケを引き起こす代表的な4つの原因

フケには人によってタイプがありますが、フケを引き起こす原因で特に多いのは以下の4つです

  1. 頭皮の乾燥
  2. ストレス
  3. 頭皮へのダメージ
  4. 間違った髪の洗い方
これらの原因について解説していきましょう。

 

1.頭皮の乾燥

頭皮の乾燥は代表的なフケの原因です。特にパラパラとした乾性フケの方は乾燥の影響が大です

 

体質的に乾燥肌であったり、冬に保湿できていなかったり頭皮を守る皮脂を落とし過ぎたり…

 

とにかく頭皮が乾燥することで、頭皮のバリア機能が失われ、フケの原因となります。

 

2.ストレス

精神的なストレスもフケの原因となります。

 

仕事のプレッシャーや学校での悩み、恋愛のストレスや妊娠への不安などもです。

 

人の心は頭皮と密接な関わりがあり、過度のストレスでフケや脱毛症などを引き起こします。

 

以前は出なかったのに…という方に多いです。

 

3.頭皮へのダメージ

頭皮へのダメージはフケの原因となる場合があります。

 

分かりやすく言えばパーマやカーラ、ブリーチなどを使用した場合。これらは刺激が強くフケの原因となる場合があります。ワックスを使って髪を洗わずに寝るなどは最悪です。

 

また長時間頭皮を紫外線に当てるのもよくありません。

 

4.間違った髪の洗い方

フケが出る人によっては髪の洗い方を間違っている場合があります。

 

例えば爪を立ててガリガリと頭を洗ったり、頭頂部やもみあげなどを洗い忘れたり、シャンプーだけでリンスを使わないなどです。

 

シャンプーは習慣でするものなので、雑な人はなかなか自分の間違った洗い方に気づけません。

 

またフケが出るからと必要以上にシャンプーをしたり、40度以上のお湯で髪を洗うなどもダメージが大きいです。

 

シャンプーは適切なシャンプーを使い、きちんとした洗い方をすればフケ対策に効果を実感できるのにもったいないです

 

フケの代表的な原因まとめ

  1. 頭皮の乾燥
  2. ストレス
  3. 頭皮へのダメージ
  4. 間違った髪の洗い方

まとめると以上が主なフケの原因です。ただ他にも要因があり、共通しているのは頭皮環境の悪化が原因であることが多いです。

 

ですから頭皮環境を改善し、上記の原因を対策すればフケは改善できます。では続けて具体的な対策を見ていきましょう。

 

具体的なフケ対策について

では続けて具体的なフケ対策について解説します。以下の四つを行って頭皮環境悪化の原因を潰すことが大切です。

  1. 頭皮の保湿
  2. メンタルケア
  3. 頭皮へのダメージを極力減らす
  4. フケ対策シャンプーの使用

ではさっそく詳細について解説していきます。

 

1.頭皮の保湿

頭皮の保湿は必ず実施しましょう。頭皮の保湿はフケの出ない健全な頭皮環境に必須です。

 

特に意識してほしいのが寝る前

 

乾燥肌の人は寝る前に保湿成分のあるオイルなんかもオススメで、そうでない方も加湿器や濡れタオルなどを使う事にしましょう。

 

またバランスのよい食生活も頭皮の乾燥対策になりますよ。

 

2.メンタルケア

メンタルのケアは大切です。アロマテラピーや適度な運動、特にランニングなんかはオススメです。

 

またストレスの要因を緩和させることも大切

 

フケのコンプレックスやなかなか治らない苛立ちなども余計にストレスになってしまうので、「フケは治るもの」と気楽に構えるのも大事です。

 

またいざという時には薬用シャンプーの使用をオススメします。強力な薬用シャンプーなら次の日で効果を実感できる場合もあります。

 

薬用シャンプーは使用をやめると再発する可能性がありますが、急を要する場合には最適です。

 

3.頭皮へのダメージを極力減らす

頭皮へのダメージを減らすことはフケだけでなく将来的にハゲるかどうかという大切なことにもつながってきます。

 

パーマやカーラ、ブリーチなどを使って妙にフケがでるな~と思ったら使用をやめるか別の商品を探して見た方がいいです。

 

体質に合わない物や、刺激が強いものなんかを意識して使わないようにするだけで頭皮の環境はグッと良くなります。

 

頭皮は思った以上に敏感なんです。

 

4.フケ対策シャンプーの使用

 

またオススメなのがフケ対策シャンプーの使用するという方法です。

 

実際に使ってみると分かりますが、使用した後だと目に見えて効果を実感できます。無限に出てきたフケが髪の毛をワシャワシャしてもなかなか出てきません

 

上記の改善法が難しい場合は、フケ対策シャンプーに頼るのもアリです。

 

私も最初は疑心暗鬼でしたが、実際に使ってみると本当に効くシャンプーは違うなと感動したのを覚えてます。

 

オススメのフケ対策シャンプーはこちらの記事を参考にして下さい。一度検討する価値はありますよ。

 

【2018年】効果を比較!フケ対策シャンプーおすすめランキング

 

フケ対策のまとめ

  1. 頭皮の保湿
  2. メンタルケア
  3. 頭皮へのダメージを極力減らす
  4. フケ対策シャンプーの使用

 

以上がフケ対策のまとめですが、基本的には対策を併用するのがより効果的です

 

ただし早く治したい場合はシャンプーを使う事をオススメします。

 

自分も試してみましたが、本当に効くシャンプーは目に見えて効果がでます。これと一緒に他の対策も行うことが出来ればベストです。

 

この記事のまとめ

  • フケは頭皮トラブルの元
  • フケの原因は頭皮のダメージ、ストレス、間違った洗い方
  • フケの対策は保湿、メンタルケア、ダメージの軽減、フケ対策シャンプー
  • フケ対策は組み合わせると効果的、忙しいならフケ対策シャンプーを使う

 

まとめると以上のようになります。そしてフケは正しい対策を行えば対策することは可能です。

 

フケは誰にでもなる可能性のある症状です。

 

フケが止まらないのは死ぬほどショックかもしれませんが、似た経験をしている方も世の中には多いので、ふさぎ込む必要はありません。今から対策していきましょう。